• HOME
  • 医療方針
  • 治療・予防プログラム
  • 院長挨拶
  • クリニック概要
  • お問い合わせ
  • アクセス
あらい歯科クリニックは「歯をまもる歯科クリニック」です。
あらい歯科クリニックは「歯をまもる歯科クリニック」です。のイメージ
あなただけの治療・予防プログラムの内容はこちら

東京都江東区潮見の歯科医院あらい歯科クリニックは、「虫歯と歯周病を予防し、患者様に生涯にわたりお口の健康を維持していただくこと」を診療の目的としています。そのために、メディカルトリートメントモデルと呼ばれる予防を基盤とした診療システムを実施しています。
メディカルトリートメントモデルでは、削ってつめる処置をあわてて行わず、精密検査で病状を把握し、歯のクリーニングを徹底的に行って、病気の原因であるバイオフィルム(歯にこびりついたばい菌のかたまり)を除去し、お口に中を清潔にすることを優先します。
歯が痛くなったら歯科医院に行く、悪くなったら治療すればいいという考え方が、結局、自分の歯を失う原因になってしまいます。残念ながら、治療したとしてもいったん悪くしてしまった歯は寿命が短くなってしまいます。科学的に診査、診断し、総合的な判断にもとづいた「あなただけの治療・予防プログラム」にそって実践すれば、生涯を通して自分の歯を守ることは可能です。

HOME > 赤ちゃんの歯を守るために

赤ちゃんの歯を守るために

ママのお口の環境を守ることが、 赤ちゃんのお口の健康につながります

妊娠中の口の中は、虫歯や歯の病気になりやすい環境のイメージ

妊娠中の口の中は、虫歯や歯の病気になりやすい環境

妊娠すると、女性の口内の環境は大きく変わります。ホルモンの変化で歯周病菌が増える、だ液の量が減って口の中が乾きやすくなる、免疫力が落ちるなど、むし歯や歯の病気が起こりやすくなるのです。妊婦さんの歯のトラブルは、赤ちゃんの歯にも影響します。

赤ちゃんのためにも、妊娠したらなるべく早く、むし歯予防のためのケアを始めましょう。食後に水を飲む、キシリトールのガムをかむなど、簡単なことばかりなので、だれにでもすぐ始められます。そして、安定期に入ったら、ぜひ一度、歯医者さんで健診を受けることをおすすめします!

妊娠中のホルモンバランスの変化が歯ぐきにも影響しています

妊娠中のホルモンバランスの変化のグラフ

妊娠するとエストロゲンという女性ホルモンがふえ、歯ぐきのトラブルがおこりやすくなります。
女性ホルモンの影響で、歯ぐきの溝にいるふだんは害のない細菌がふえて、炎症を引きおこしてしまうためです。
つわりがあると歯みがきするのもおっくうになりますが、お口の中が汚れていると歯ぐきの炎症をおこす細菌もふえてしまします。歯みがきにまさる予防法はありませんから、大変でも歯みがきするよう心がけましょう。

生まれてくる赤ちゃんのためにもこれだけはやっておこう

妊娠中はお薬や治療に制限があるので、歯ぐきのトラブルになる前にしっかり予防しておくことが大切です。体がつらいときもあるけれど、生まれてくる赤ちゃんのためにもがんばりましょう。

1.歯と歯ぐきの境目をていねいにみがくのイメージ

1.歯と歯ぐきの境目をていねいにみがく

歯ぐきの炎症は、お口の中を清潔にしておけば防ぐことができます。とくに歯と歯ぐきの境目は要チェックポイントです。上手にみがけていない気がするという方は、みがき方のコツをお教えしますので、お気軽にご相談ください。

2.定期的に歯医者さんでチェックのイメージ

2.定期的に歯医者さんでチェック

妊娠中は歯みがきすら面倒なときもあります。みがいているつもりでも、みがけていないこともあるので、歯医者さんで定期的に

3.タバコは吸わないのイメージ

3.タバコは吸わない

妊娠中の喫煙が胎児によくないことは、もう常識ですが、タバコは歯ぐきにもよくないことがわかっています。

赤ちゃんが生まれたら

生えたての歯はとてもデリケートでむし歯になりやすい状態です。2~3年もすると唾液の中のリンやカルシウムを取り込んで、表面が平らになり、強い歯になりますので、むし歯にしないためには生えて2~3年が勝負です。
あらい歯科クリニックではお子様の生えたての歯をむし歯から守るために、フッ素塗布を行っています。
フッ素とは、緑茶やワカメ、りんごなどの食品にも含まれる歯を強くする成分です。生えたての歯は弱くてむし歯になりやすい反面、フッ化物をとり込みやすい状態でもあります。この時期に年3~4回定期的にフッ化物を塗布することで、じょうぶな歯をつくることができます。

虫歯予防キッズクラブ かもめクラブはこちらから>>

問い合わせ
診療時間

月・火・金曜日
[午前] 10:00~13:00
[午後] 14:30~21:00

水・土曜日
[午前] 10:00~13:00
[午後] 14:30~18:30

休診日

木・日曜日・祝祭日