• HOME
  • 医療方針
  • 治療・予防プログラム
  • 院長挨拶
  • クリニック概要
  • お問い合わせ
  • アクセス
あらい歯科クリニックは「歯をまもる歯科クリニック」です。
あらい歯科クリニックは「歯をまもる歯科クリニック」です。のイメージ
あなただけの治療・予防プログラムの内容はこちら

東京都江東区潮見の歯科医院あらい歯科クリニックは、「虫歯と歯周病を予防し、患者様に生涯にわたりお口の健康を維持していただくこと」を診療の目的としています。そのために、メディカルトリートメントモデルと呼ばれる予防を基盤とした診療システムを実施しています。
メディカルトリートメントモデルでは、削ってつめる処置をあわてて行わず、精密検査で病状を把握し、歯のクリーニングを徹底的に行って、病気の原因であるバイオフィルム(歯にこびりついたばい菌のかたまり)を除去し、お口に中を清潔にすることを優先します。
歯が痛くなったら歯科医院に行く、悪くなったら治療すればいいという考え方が、結局、自分の歯を失う原因になってしまいます。残念ながら、治療したとしてもいったん悪くしてしまった歯は寿命が短くなってしまいます。科学的に診査、診断し、総合的な判断にもとづいた「あなただけの治療・予防プログラム」にそって実践すれば、生涯を通して自分の歯を守ることは可能です。

HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

  • 診療について
  • 虫歯・歯周病について
  • かもめクラブ・親子虫歯予防セミナーについて

診療について

治療は健康保険でできますか。

当クリニックは保険診療を基本としているので、治療費のほとんどは健康保険の範囲で大丈夫です。しかし、必要と思われる方には、唾液検査(3000円)、フッ素塗付(乳幼児640円、その他2000円)をおすすめし、自費負担をお願いしています。
また、歯の詰め物やかぶせ物で、貴金属やセラミックなど保険外の材料を使用した治療、金属床の入れ歯、インプラント治療、歯のホワイトニング(漂白)などは自費負担となります。
治療費については、スタッフにお気軽にご相談ください。

治療の予約はできますか。

診療は予約制となっていますので、電話で予約してください。
なるべく予約時間どおりの診療を心がけておりますが、痛みの激しい患者様が急患で入ったときなどは、そちらが優先になる場合があり、お待たせしてしまう可能性があります。ご理解いただきますようお願いいたします。

小さな子供がいるのですが、治療に連れて行ってもいいですか。

赤ちゃんであれば、だっこしながらの診療になります。幼稚園児であれば、治療台の横に子供用の椅子を用意します。また、子供の遊べるキッズコーナーが待合室に用意してあります。ただ、子供の面倒を見るスタッフは用意していませんので、親御さんの目の届く範囲にいるようにさせてください。また、お手洗いに、オムツ替え用の台が用意してありますのでご利用ください(オムツはお持ちかえりください)。

虫歯菌が親から子供にうつるって本当ですか。

虫歯菌も歯周病菌も夫婦間や親子間など一緒に生活をしている人の間で伝播します。口移しをしないなどの対策より、家族全員がお口の中を清潔にして、家族単位で虫歯菌や歯周病菌を減らす方が効果的です。歯磨きをしっかり行うことも大事ですが、当院で定期的な歯のクリーニング(メンテナンス)を家族全員で受けてください。

PageTop

虫歯・歯周病について

虫歯の治療は痛いですか。

痛みを伴うと考えられる治療については、局所麻酔を行いますので大丈夫です。局所麻酔の注射も、針を刺す歯肉の部分に表面麻酔薬を塗布した後、極細の針を使用し、ゆっくり薬液を注入しますので、ほとんど痛みは感じません。ご安心ください。

虫歯菌が親から子供にうつるって本当ですか。

虫歯菌も歯周病菌も夫婦間や親子間など一緒に生活をしている人の間で伝播します。口移しをしないなどの対策より、家族全員がお口の中を清潔にして、家族単位で虫歯菌や歯周病菌を減らす方が効果的です。歯磨きをしっかり行うことも大事ですが、当院で定期的な歯のクリーニング(メンテナンス)を家族全員で受けてください。

歯周病になっているかどうか、自分で確認する方法はありますか。

歯周病は痛みなどの自覚症状がほとんどなく慢性に進行していきます。歯磨きの時の出血は、歯肉の炎症の証拠です。また、歯根が露出してくると知覚過敏が生じます。歯を支えている顎の骨がなくなって、歯がグラグラしてきてからでは手遅れなので、定期的に歯医者で専門家にチェックしてもらうことが重要です。

歯周病は遺伝しますか。

歯周病は歯周病菌が引き起こす感染症ですが、その発症や進行には人それぞれの体質(感受性)が大きく関与しています。したがって、歯周病は遺伝子ませんが、歯周病のかかりやすさ(リスク)は遺伝すると考えられます。歯周病の発症や進行には、歯周病菌や体質の他にも、持病(糖尿病など)、喫煙、年齢など多くのファクターが関与しています。

PageTop

かもめクラブ・親子虫歯予防セミナーについて

フッ素は何歳から塗りに行ったほうがいいのですか。

生後7ヶ月ぐらいから乳歯がはえ始めますが、はえたら直ちにフッ素塗布を行うのが一番虫歯予防の効果があります。現実的には1歳ぐらいからでしょうか。3~4ヶ月おきにフッ素塗布を受けてください(640円)。

PageTop

問い合わせ
診療時間

月・火・金曜日
[午前] 10:00~13:00
[午後] 14:30~21:00

水・土曜日
[午前] 10:00~13:00
[午後] 14:30~18:30

休診日

木・日曜日・祝祭日